ニンジャスレイヤープラス

【ロンドン ネクロポリス:フジキド、ユカノ】

【ロンドン ネクロポリス:フジキド、ユカノ】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年7月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

148
【アマゾン川流域:サワタリ・カンパニー】新たなヴィジョン

【アマゾン川流域:サワタリ・カンパニー】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年7月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

130
レリック・オブ・マッポーカリプス(4):魔剣ヘシキリブレード

レリック・オブ・マッポーカリプス(4):魔剣ヘシキリブレード

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ヘシキリブレード / Heshikiri Blade 戦国武将「織田信長」ことオダ・ニンジャがコレクションした魔剣の一本。もとは平安時代後期にモータルの刀匠によって鍛えられ、無数のサムライの血を吸った業物である。カタナとしては比較的刀身が長く、騎乗時の得物としても適している。 刀身に刻まれた銘は「ヘ シ キ リ ブ レ ー ド」。かつては無銘であったこのカタナが何故、そのような銘を戴き、さらには魔剣とまで呼ばれるようになったのか。それは

169
【砕月引力圏内、デスペレイション・ポイント:クルタナ】新たなヴィジョン

【砕月引力圏内、デスペレイション・ポイント:クルタナ】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年7月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

143
S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】分割版 #9

S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】分割版 #9

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 8 ← 「ハンニャアアアアア!」オオカゲは鎌首を巡らせ、天守閣を睨んだ。観衆たちも怪訝そうにした。銅鑼は彼らの認識にない音だった。タイクーンすらも、その音をコンマ数秒訝しんだ。ゆえにニンジャスレイヤーが先手を取って仕掛ける事となった。「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーは赤黒の風となった!  前傾姿勢で飛び出したニンジャスレイヤーに、タイクーンはヤリ・オブ・ウォーロードを繰り出した。信じ難いリーチで伸び来たるヤリは、手の

38
S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】分割版 #8

S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】分割版 #8

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 7 ←  クセツというニンジャは、ネザーキョウのセンシ達の頂点に立つアケチ・シテンノの一人であって、その真の名を、ランマル・ニンジャといった。  戦国時代において、ランマル・ニンジャ、すなわち森蘭丸は、戦国武将である織田信長に心酔した小姓であり、油断ならぬ斥候でもあった。驚くべきことに、その涼やかな美少年は実際、リアルニンジャとしての強大な力を秘めてもいたのである。  織田信長が決戦兵器・安土城を起動させた際、蘭丸

36
【北欧、ユヴァスキュラ:ベンガルタイガー】新たなヴィジョン

【北欧、ユヴァスキュラ:ベンガルタイガー】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年7月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

174
S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】分割版 #7

S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】分割版 #7

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 6 ←  コトブキが凝視する先、ニンジャスレイヤーとタイクーンは再びぶつかりあった。ニンジャスレイヤーの背中の火は禍々しい。しかしそのカラテは、何よりコトブキが知るカラテだ。だからコトブキはもはや何も恐れはしなかった。「……何ですか? タキ=サン!」『千載一遇のチャンスだ』「言ってください!」 『リコナーはネザーキョウの圧政で封じられてきたネットワークを今まで生かしてきた。それがキいて来てるッて話だぜ。オレらはナガシ

35
【ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ・キッチン】

【ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ・キッチン】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版は上の物理書籍に収録されています。第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ・キッチン  狭いバーカウンターに座りながら、ジェイクは己の判断ミスを呪っていた。おそらく一杯数万円と思われるホット・サケを呷りながら、持ち合わせの装備を頭の中

107
【アンダーガイオン:シキベ】新たなヴィジョン

【アンダーガイオン:シキベ】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年7月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

180