ニンジャスレイヤープラス

インタビュー・ウィズ・ニンジャPLUS版特別回:主要キャラの好きなサケまとめ

インタビュー・ウィズ・ニンジャPLUS版特別回:主要キャラの好きなサケまとめ

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ニンジャスレイヤー世界には様々なサケが出てきます。原作者Q&Aコーナー「インタビュー・ウィズ・ニンジャnote版」で「〇〇の好きなお酒は何ですか?」という質問が度々見られる現象に対して、ボンド=サンとモーゼズ=サンは深い興味を示し、それらをリスト化することにしました。また季節性ドネートイベントの「お花見会」も、このリストを作る上での大きなインスピレーションとなったようです。もともと設定されていたものもいくつかありますが、大部分は今回の機会

186
シャード・オブ・マッポーカリプス(84):カタナ・オブ・リバプール社とロイヤルニンジャ

シャード・オブ・マッポーカリプス(84):カタナ・オブ・リバプール社とロイヤルニンジャ

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  「コーッ、シュコーッ……。コーッ、シュコーッ……」クルタナは虚空に浮かぶ砕けた月の足場を、精緻かつ大胆な重力パルクールで飛び渡っていた。四連続の側転から長距離の月面宙返りを打ち、ヤンの破砕面へと到達する。そしてバリケードに相応しい、天然大クレーターの斜面へと滑り込んだ。それなりの銃撃を覚悟しながら。  少しの静寂の後、ナビゲーションAIが優しい電子マイコ音声で彼に告げた。 『バイタルサイン皆無。敵性企業の追跡部隊、完全に圏外へと消えま

166
【フジサン地下INW研究所、フジキド】新たなヴィジョン

【フジサン地下INW研究所、フジキド】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)に映し出されるのは、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、イクサの光景、あるいは謎めいた幻視です。時にそれらの物語は繋がり合い、「モーメント・オブ・マッポーカリプス」としてまとめられます。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

200
S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#5

S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#5

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇【マスター・オブ・パペッツ】まとめ版はこちら 4 ← 「エ? 何?」「コクッテンノ?」ラジオ体操をしていたトイコとヨウナシがこれを目撃。体操を中断し、互いにしがみつき、動揺しながら見守った。コトブキはマークスリーを見た。マークスリーは顔を赤らめた。「お話とは、なんでしょうか」「……決闘に臨むのは、僕と決まりました」「なんですって?」 「殺し合いになるでしょう。その前に、僕は」マークスリーは苦しげに己の胸を掴んだ。「……貴女に、秘めたる

44
ザヴとシルバーキーの偉大なる冒険 Season4

ザヴとシルバーキーの偉大なる冒険 Season4

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ   ***大いなるニンジャの物語が、いま幕を開ける*** 参加方法:これは偉大なる次元旅行家(Rogueをプレイするときはいつも観光客でイェンダーの魔除けをとってくる)ザ・ヴァーティゴ=サンを主人公とした偉大なる小説です。あなたはパラグラフ直下に提示される選択肢によって、登場人物の行動に関与することができます。選択肢は提示されてから24時間程度で消滅し、最も多かった選択肢でストーリーがリアルタイム展開していきます。だいたい2〜3日に1パラ

108
ザヴとシルバーキーの偉大なる冒険 Season3

ザヴとシルバーキーの偉大なる冒険 Season3

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

140
【バトル・オブ・セイクリッド・ホウチョウ】モーメント・オブ・マッポーカリプス

【バトル・オブ・セイクリッド・ホウチョウ】モーメント・オブ・マッポーカリプス

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ これまでのあらすじアキジは流浪のイタマエである。彼の握るスシは、時に人を楽しませ、時に傲慢なるカネモチに頭を垂れさせ、時にニンジャを怯ませ、時に孤独な魂を救ってきた。彼の旅、それは彼の探求の人生そのもの。 今日もどこかで、アキジのスシが、心を握る。

173
ニンジャスレイヤー名鑑カード AoM-0344【イタマエのアキジ】

ニンジャスレイヤー名鑑カード AoM-0344【イタマエのアキジ】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ イタマエのアキジ / Akiji, the ITAMAE 非ニンジャ。放浪のイタマエであり、訪れた先の都市のスシ店で雇われ、その凄腕を役立てる。さまざまな古文書やスシマスターから伝説的技術や握り技術を学び、そして奥ゆかしい。不器用な男。アキジのスシは、心を握る。

176
S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#4

S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#4

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇【マスター・オブ・パペッツ】まとめ版はこちら 3 ←  明け方のネオサイタマ、ピザタキの窓の外、キタノの薄汚れたストリートでは、よく肥ったバイオドブネズミが投棄ゴミに群がり、それらを狙うバイオスズメが電線に群がって、チュンチュンと鳴き声を発していた。店内においては酒気を帯びた重だるい空気の中、床やテーブルで寝る客の寝息とイビキだ。 「グオゴゴゴ、ガオゴゴゴ」ウシミツ・アワー頃に入ってきたシスターD3のイビキと、基板屋のピョンヤマの歯軋

34
S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#3

S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#3

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇【マスター・オブ・パペッツ】まとめ版はこちら 2 ← 「フゴゴゴーッ!」スモトリニンジャは咆哮をあげ、狙いをマークスリーから赤黒のニンジャに切り替えた。音と動きに反応したのだ。床を摩擦熱で焼き焦がしながら方向転換し、赤黒のニンジャに突進する!「イヤーッ!」「アバーッ!」鋭い裏拳がスモトリニンジャの顔面に焼印を捺した! 突進が充分な速度を得る前に封じ込める、苛烈なカラテだった。 「アバババーッ!」スモトリニンジャは悲鳴をあげ、たたらを踏

34