ニンジャスレイヤープラス

【マナウス:ディスカバリー】新たなヴィジョン

【マナウス:ディスカバリー】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年4月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

97
【オーストラリア スレイプニルのアジト:ジャッキー、仲間たち】新たなヴィジョン

【オーストラリア スレイプニルのアジト:ジャッキー、仲間たち】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年4月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

111
【ネオサイタマ ヤクザクラン幹部の屋敷】 新たなヴィジョン

【ネオサイタマ ヤクザクラン幹部の屋敷】 新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年4月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

79
シャード・オブ・マッポーカリプス(77):ハリマ離宮とアカゾナエ

シャード・オブ・マッポーカリプス(77):ハリマ離宮とアカゾナエ

◇総合目次  ◇はじめて購読した方へ ハリマ離宮 / Harima Palace 藤と桔梗の花が咲き乱れ、霧の漂うマングローブ湿地帯のなか、濠と東西南北の五重塔に囲まれた寝殿造の宮殿……それがハリマ離宮(旧ライディングマウンテン自然公園)である。離宮は旧サスカチュワン、ジョウゴ親王の支配地「東域」に属する場所であるが、もともとはタイクーンが故郷を偲んで一帯の自然を捻じ曲げ、作り上げた土地である。

116
S3第7話【ナラク・ウィズイン】#8(分割版)

S3第7話【ナラク・ウィズイン】#8(分割版)

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 ◇関連エピソード:「ギア・ウィッチクラフト」 7 ← 「デアエ!」「デアエ!」シンデンヅクリ・パレスに続々とゲニン達が集まりつつある。トムは茶室に身を潜め、ライフルのリロードを行う。「どうか……どうかドスエ、命だけは……」部屋の隅ではオイランが震えている。「危害を加える気はない」そちらを見ずに言い、ショウジ戸の隙間から外をうかがう。「すぐに出ていく」「アイエエエ」  トムは深呼吸し、3つ数えて、転がりながら廊下へ飛び出

43
【ピザタキ:タキ】新たなヴィジョン

【ピザタキ:タキ】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  ◇2020年4月のスレイト スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

120
サムライニンジャスレイヤー 【ウェイ・ダウン・トゥ・ヘル】 #2

サムライニンジャスレイヤー 【ウェイ・ダウン・トゥ・ヘル】 #2

【ひとつ前の連載分へ】  ニンジャスレイヤーは揺るぎない殺意の眼で、蠍衆の大将格を睨んだ。敵はまごうことなきニンジャにして偉丈夫。背丈は七尺に近く筋骨隆々。具足を含めれば体重は己の二倍……あるいは三倍近くあろう。果たして如何にして斬り崩すか。敵の名乗りが終わるまでに、決断せねばならぬ。 「なるほど、貴様が不死身のサムライか……!」蠍兜のニンジャは居丈高に腕組みし、呵呵大笑。そして挨拶した。「相手にとって不足無し! ドーモ、スコルピオです!」その大音声だけでニンジャスレイヤ

127
S3第7話【ナラク・ウィズイン】#7(分割版)

S3第7話【ナラク・ウィズイン】#7(分割版)

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 ◇関連エピソード:「ギア・ウィッチクラフト」 6 ← 「ドーモ。ニンジャスレイヤーです」ニンジャスレイヤーはアイサツを返した。ザンマを見据えると、周囲の景色は薄く陽炎じみて歪む。ザンマが放つ壮絶な凄味が、環境へ振り向ける意識を奪うのだ。「……おれは貴様を知らないぞ」ニンジャスレイヤーは答えた。「ザンマは知る」ザンマは念を押した。  キリング・オーラが放射され、ニンジャスレイヤーを圧す。これまでネザーキョウで対峙してきた

29
【キョート・ヘル・オン・アース:急:ラスト・スキャッタリング・サーフィス】 前編

【キョート・ヘル・オン・アース:急:ラスト・スキャッタリング・サーフィス】 前編

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正番は、上記リンクから購入できる第2部の物理書籍/電子書籍に収録されています。また、第2部のコミカライズが現在チャンピオンREDで行われています。 1  夜明けにはまだ早い。だが、真昼のように明るい空だ。黒人のボンズはウォッチタワーの窓際に立ち、光の源の方角を眺める。ガイオン上空を。そこに太陽が浮かんでい

131
【ザ・ヴァーティゴvs地底科学世界】

【ザ・ヴァーティゴvs地底科学世界】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 はじめに 俺の名は、愛と宇宙と平和の戦士、エターナルニンジャチャンピオン、ザ・ヴァーティゴ(The Vertigo)だ。AREA4643に出演したり、暴れたりしている。ニンジャスレイヤー本編にも出現したことがあるし、ニンジャかわら版でもお世話になっているね。 さて、ここに書かれているのは、俺が地底鉱山帝国を訪れた際の冒険の一部始終だ。どういう経緯でニンジャスレイヤーアカウントに連載されたのかよくおぼえていないが、とにかく、これはニンジャスレ

108