ニンジャスレイヤープラス

固定された記事
PLUS総合目次(2021年9月8日最終更新)
+69

PLUS総合目次(2021年9月8日最終更新)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
323
ニンジャかわら版:2021年7月号

ニンジャかわら版:2021年7月号

<<<PLUS <<<ソウルワイヤード <<<三部作アーカイブ 毎月の最新ニンジャスレイヤー連載やPLUSコンテンツを楽しむためのフリー副読本「ニンジャかわら版」が月刊方式になりました! その月にアップされたPLUSコンテンツや最新ニュースなどが、使いやすいインデックス形式でまとめられています。早速チェックしてみましょう。 🍣今月のTwitter本編更新まとめ神話時代より現世に帰還したダークカラテエンパイアのニンジャ達。彼らは邪悪なる権力闘争の遊戯としてニンジャスレイヤー

スキ
42
【アマゾン、ジャングル:K2,K3】新たなヴィジョン

【アマゾン、ジャングル:K2,K3】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)に映し出されるのは、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、イクサの光景、あるいは謎めいた幻視です。時にそれらの物語は繋がり合い、「モーメント・オブ・マッポーカリプス」としてまとめられます。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

スキ
177
【レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド】

【レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版は上の物理書籍に収録されています。また第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 【レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド】 1 夜。キョート共和国との、“見えない戦争”が続く日本。その中心地、ネオサイタマ。重金属酸性雨が、巨大ビルモニタに映し出された過剰消費コマーシャ

スキ
235
⚡️ニンジャスレイヤー原作者+ザ・ヴァーティゴ=サンのQ&Aおたより転送ポータル(2021年7月末まで)⚡️

⚡️ニンジャスレイヤー原作者+ザ・ヴァーティゴ=サンのQ&Aおたより転送ポータル(2021年7月末まで)⚡️

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
27
【ニンジャスレイヤーTRPG】2版シナリオコン&初版ファンメイドアワード2021結果発表

【ニンジャスレイヤーTRPG】2版シナリオコン&初版ファンメイドアワード2021結果発表

◇TRPG総合目次へ 原作者ボンド=サン、モーゼズ=サンのサイン入りヌンチャクは誰の手に? ニンジャスレイヤーTRPG2版シナリオコンの審査結果も発表です! 🍣ファンメイドアワード2021🍣 まずはファンメイドアワード2021の結果発表です。初版時代後半(2020年3月16日〜2021年4月)に発表された様々なファンメイド記事の中から、今回も投票によってアワードが決定されました!  多くのシナリオやリプレイは、たとえルールセットの版が変わっても、ほとんど問題なく(あるい

スキ
38
S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#10

S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#10

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇【マスター・オブ・パペッツ】まとめ版はこちら 9 ← 「イヤーッ!」レッドハッグは黒いカタナとともにレイテツに躍りかかった。レイテツは片手をかざし、レッドハッグと自身の間に分厚い氷の壁を作り出す。K.E.S(コリ・エンハンス・システム)が組み込まれたニンジャ専用カタナの助けを得た強大なコリ・ジツである。突っ込めば氷壁衝突死もありうる!  だが!「イヤーッ!」氷の壁はX字に黒く切り裂かれ、四つに分かれて散った。砕けた氷の破片の中からレッ

スキ
37
次回のDHTレディオは、2021年7月24日(土)開催! ニンジャスレイヤーTwitter連載11周年記念です!

次回のDHTレディオは、2021年7月24日(土)開催! ニンジャスレイヤーTwitter連載11周年記念です!

オハヨ! みんなは元気? ダイハードテイルズは電子です。今月もTwitter Space & Discordでレディオ放送が開催されます(後半はDiscordのみ)。ニンジャスレイヤー翻訳チームの杉ライカと本兌有が、皆さんからのおたよりなどをもとに、日本語コミュニケーションの勉強をしたり、リアルタイムやりとりを行っていこうと思います。 今回はニンジャスレイヤーTwitter連載11周年記念!ということで、Spaceも同時開催しつつ、Spaceでは飛び入りのゲスト登壇者を受け

スキ
17
シャード・オブ・マッポーカリプス(85):オキナワ

シャード・オブ・マッポーカリプス(85):オキナワ

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  「必ず、真実を暴いてみせるわ……!」ナンシーは黒いティアドロップ型サングラスで焼け付くような紫外線から目を守ると、額から垂れる玉のような汗を拭い、潮風を胸いっぱいに吸い込んだ。この過酷な環境すべてが、ナンシー・リーのジャーナリストとしての決意を試しているかのようであった。  二人の報道特派員を乗せたクルーザーは、彼方の人工波発生プラント群から生み出される複雑な波に揺られながら、太陽を背負いながら北北東へと進んだ。陸地はもはや遥か遠い。西

スキ
175
【センスレス・アクツ】

【センスレス・アクツ】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正板は【フェイト・オブ・ザ・ブラック・ロータス】の一部として上の物理書籍に収録されています。また第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 【センスレス・アクツ】 1  降りしきる陰鬱な重金属酸性雨の中、ローター回転を止めた黒塗りのヘリが傾いて落下する。鋭角なシルエットを持つ

スキ
137
【プロメテウス・アレイ】#7

【プロメテウス・アレイ】#7

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 全セクション版で読む 1997_12_19 ディー 「よう。"久しぶり"」  後部シートの闇が喋った。口元が見えた。ジョシュアだった。ディーは急いで車外に出ようとしたが、ジョシュアは穏やかに制した。ディーはすぐに諦め、運転席に座り直した。

スキ
76