ニンジャスレイヤープラス

【プロメテウス・アレイ】#8

【プロメテウス・アレイ】#8

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 全セクション版で読む

97
【アマゾン、ジャングル:K2,K3】新たなヴィジョン

【アマゾン、ジャングル:K2,K3】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)に映し出されるのは、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、イクサの光景、あるいは謎めいた幻視です。時にそれらの物語は繋がり合い、「モーメント・オブ・マッポーカリプス」としてまとめられます。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

170
【レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド】

【レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版は上の物理書籍に収録されています。また第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 【レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド】 1 夜。キョート共和国との、“見えない戦争”が続く日本。その中心地、ネオサイタマ。重金属酸性雨が、巨大ビルモニタに映し出された過剰消費コマーシャ

209
⚡️ニンジャスレイヤー原作者+ザ・ヴァーティゴ=サンのQ&Aおたより転送ポータル(2021年7月末まで)⚡️

⚡️ニンジャスレイヤー原作者+ザ・ヴァーティゴ=サンのQ&Aおたより転送ポータル(2021年7月末まで)⚡️

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

26
S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#10

S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#10

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇【マスター・オブ・パペッツ】まとめ版はこちら 9 ← 「イヤーッ!」レッドハッグは黒いカタナとともにレイテツに躍りかかった。レイテツは片手をかざし、レッドハッグと自身の間に分厚い氷の壁を作り出す。K.E.S(コリ・エンハンス・システム)が組み込まれたニンジャ専用カタナの助けを得た強大なコリ・ジツである。突っ込めば氷壁衝突死もありうる!  だが!「イヤーッ!」氷の壁はX字に黒く切り裂かれ、四つに分かれて散った。砕けた氷の破片の中からレッ

34
シャード・オブ・マッポーカリプス(85):オキナワ

シャード・オブ・マッポーカリプス(85):オキナワ

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ  「必ず、真実を暴いてみせるわ……!」ナンシーは黒いティアドロップ型サングラスで焼け付くような紫外線から目を守ると、額から垂れる玉のような汗を拭い、潮風を胸いっぱいに吸い込んだ。この過酷な環境すべてが、ナンシー・リーのジャーナリストとしての決意を試しているかのようであった。  二人の報道特派員を乗せたクルーザーは、彼方の人工波発生プラント群から生み出される複雑な波に揺られながら、太陽を背負いながら北北東へと進んだ。陸地はもはや遥か遠い。西

170
【センスレス・アクツ】

【センスレス・アクツ】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正板は【フェイト・オブ・ザ・ブラック・ロータス】の一部として上の物理書籍に収録されています。また第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 【センスレス・アクツ】 1  降りしきる陰鬱な重金属酸性雨の中、ローター回転を止めた黒塗りのヘリが傾いて落下する。鋭角なシルエットを持つ

125
【プロメテウス・アレイ】#7

【プロメテウス・アレイ】#7

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 全セクション版で読む 1997_12_19 ディー 「よう。"久しぶり"」  後部シートの闇が喋った。口元が見えた。ジョシュアだった。ディーは急いで車外に出ようとしたが、ジョシュアは穏やかに制した。ディーはすぐに諦め、運転席に座り直した。

73
【プロメテウス・アレイ】

【プロメテウス・アレイ】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 1ダン 1993_10_02  やがてアパート前の路上でサイレンの音がうるさく聞こえてきたが、ダンはベッドの横に立ったまま、微動だにしなかった。  玄関のブザーが鳴らされても、ダンは動かずにいた。  ベッドの上で冷たくなっているリディアを、ダニエル・キャリントンは、ただじっと見つめる他なかったのだ。  荒っぽくドアが叩かれ、怒鳴り声が耳に届いた頃、ようやくダンは動いた。リディアの瞼に触れ、恐怖に見開かれたままの目を閉じさせた。  

115
S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#9

S4第3話【マスター・オブ・パペッツ】#9

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇【マスター・オブ・パペッツ】まとめ版はこちら 8 ← 「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーの後方、高速回転走行していた金属装甲塊が空中に跳ね上がり、両手足をひろげてアイサツを返した!「ドーモ、レッドハッグ=サン、パンヤンドラムです!」アイサツは神聖不可侵の掟。たとえ追跡行動中であろうとアイサツを挑まれれば答えねばならぬのが礼儀作法だ。  二者はニンジャスレイヤーを挟んで、数コンマ秒のあいだ睨み合った。凝縮していた時間が溢れ、再び高速の世界

61