ニンジャスレイヤープラス

固定された記事
PLUS総合目次(2021年9月8日最終更新)
+69

PLUS総合目次(2021年9月8日最終更新)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
323
【ヴェルヴェット・ソニック】#8
+1

【ヴェルヴェット・ソニック】#8

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇まとめ読みはこちらから 7 ←  緑色の電子格子は遥か下方、全方位にどこまでも広がっている。地平線は平らではなく、沖から眺める遠い都市のビル群めいた凸凹のシルエットが見える。それらはたとえばKOLやヨロシサンのサーバーであったり、詳細不明の不気味な闇カネモチの個人資産台帳の類。近づけば脳を焼かれる質量のしるしだ。  二人が後にしてきたマスラダのローカルコトダマ空間は難破船めいて小さい輝きを残している。グローバルなコトダマ空間に無防備に

スキ
27
【ウォーカラウンド・ネオサイタマ・ソウルフード】シーズン1
+1

【ウォーカラウンド・ネオサイタマ・ソウルフード】シーズン1

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ サイバーパンク世界にも食の歓びはある。戸惑いながらネオサイタマを彷徨うエーリアス・ディクタス。今、電撃的味覚が、駆け巡る。 時系列:トリロジー フジキド・ケンジがニンジャスレイヤーであった10年前の時系列。 主人公:エーリアス・ディクタス キョート共和国からネオサイタマにやってきた若い娘。黒髪と黒いジャケット、「地獄お」と書かれたマフラー、荊棘の意匠の眉刺青が特徴。込み入った事情により、その自我は精神潜行のジツを持つ男のニンジャ、シルバ

スキ
92
【ヴェルヴェット・ソニック】#7
+1

【ヴェルヴェット・ソニック】#7

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇まとめ読みはこちらから 6 ← 「来た! ニンジャスレイヤー=サン、見えるぞ!」タキは大声をあげた。「アニキ死んでないよな!?」背中越しにザックがモニタに向かって叫んだ。フラットラインだった電子窓に、今、波形が生まれている。『ビゴビゴビゴ』ファイウォール直結されたモーターツクモがUNIXを激しく点滅させていた。 『ゼロが1になった』電子のナンシーがコトダマ空間でタキに語りかけた。『でも、何も安心できない』心臓は動き、脳に酸素が送り込ま

スキ
58
【ア・クルエル・ナイト・ウィズ・レイジング・フォース・フロム・ソー・サイレント・フィアフル・レルム】
+2

【ア・クルエル・ナイト・ウィズ・レイジング・フォース・フロム・ソー・サイレント・フィアフル・レルム】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ このエピソードは物理書籍未収録です。今回のアーカイヴ化に際し、原作者の監修のもとでテキストの推敲、リマスターを行っています。また第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 1 0100101……0100010……010010……01001001011……010010 「グワーッ!」  硬い! 彼は呻き声を上げ、現実世界への復帰がいきなりこのような苦痛から始まった事に憤慨せざるを得なかった。なんたるブッダの仕打

スキ
121
【アンダー・ザ・ブラック・サン】
+2

【アンダー・ザ・ブラック・サン】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードは物理書籍未収録です。また第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 1 四人を乗せた中古のビークルは、降り注ぐ強烈な紫外線と噴き上がる砂塵に挟まれ、苦役の呻きめいた軋み音を時折車体パネルの隙間から発しながら、まっすぐに西へ進んでいた。等間隔で設置されたバイオカンガルー注意の看板にまぎ

スキ
115
【キョウミビル3階、きねまタケダ:アイアンアトラス】新たなヴィジョン
+1

【キョウミビル3階、きねまタケダ:アイアンアトラス】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)に映し出されるのは、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、イクサの光景、あるいは謎めいた幻視です。時にそれらの物語は繋がり合い、「モーメント・オブ・マッポーカリプス」としてまとめられます。 ** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

スキ
179
【ヴェルヴェット・ソニック】#6
+1

【ヴェルヴェット・ソニック】#6

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇まとめ読みはこちらから 5 ← 「狩人サロウ、爆発四散」セトは低く言った。邪悪なるコトダマの地平、ダークカラテ荒野に風が吹き、上空のキンカク・テンプルは冷たい光を投げかける。リモート石碑に映るリアルニンジャの影達が身じろぎした。「骨のない狩人であった。やはり我がメイヘムしか勝つ事なし」アイアンコブラの声。

スキ
38
【ショック・トゥ・ザ・システム】
+2

【ショック・トゥ・ザ・システム】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版は上の物理書籍に収録されています。また第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 【ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ 10100745: ショック・トゥ・ザ・システム】 1 ゴウンゴウンゴウンゴウン……。そこはこの世の果てか、あるいは地球上の全生命が死滅した後の荒廃した

スキ
138
【ヴェルヴェット・ソニック】#5
+1

【ヴェルヴェット・ソニック】#5

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇まとめ読みはこちらから 4 ← 「グ……」泥めいて鈍化した時間のなか、サロウの頬にゆっくりとコトブキの拳がめりこみ、顔を歪ませてゆく。サロウはコトブキの腕を掴もうとするが、拳の速度が速い。彼は血走った目を動かした。コトブキは怒りに目を見開き、歯をキッと食い縛って、まるで輝くような怒りの形相だ……「グワーッ!」  KRAAASH!「安普請な」とスプレー書きされたバラックの壁を貫くように破壊し、サロウは室内に転がって受け身をとった。既にコ

スキ
40
【ジ・アブソリューション】#1
+1

【ジ・アブソリューション】#1

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ   <<<【ザ・リデンプション】へ戻る 【ジ・アブソリューション】

スキ
196