マガジンのカバー画像

ニンジャスレイヤープラス

【ご注意:徐々に更新を終了しメンバーシップに完全移行します。新規購読はメンバーシップのほうへお願いします!】サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめ、書下ろし… もっと読む
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は… もっと詳しく
¥490 / 月
運営しているクリエイター

#トリロジー

PLUS目次(2022年7月6日更新)

2016年の11月にnote上でスタートした「NINJA SLAYER PLUS」(PLUS)は、最新スピンオフや設定資料集の公開場所であり、2010年から続くTwitter無料連載支援のためのドネート窓口でもあります。 📡ニュース / 更新まとめ ◆AoM本編3部作と「スズメバチの黄色」から続く最新シリーズはここから。3部作の戦いから10年後、2048年を舞台に新たなニンジャスレイヤーが誕生する。 AoMシーズン1:サンズ・オブ・ケオス編 ニンジャスレイヤー「マスラ

スキ
352

【ウォーカラウンド・ネオサイタマ・ソウルフード】シーズン1

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ サイバーパンク世界にも食の歓びはある。戸惑いながらネオサイタマを彷徨うエーリアス・ディクタス。今、電撃的味覚が、駆け巡る。 時系列:トリロジー フジキド・ケンジがニンジャスレイヤーであった10年前の時系列。 主人公:エーリアス・ディクタス キョート共和国からネオサイタマにやってきた若い娘。黒髪と黒いジャケット、「地獄お」と書かれたマフラー、荊棘の意匠の眉刺青が特徴。込み入った事情により、その自我は精神潜行のジツを持つ男のニンジャ、シルバ

スキ
123

【ア・クルエル・ナイト・ウィズ・レイジング・フォース・フロム・ソー・サイレント・フィアフル・レルム】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ このエピソードは物理書籍未収録です。今回のアーカイヴ化に際し、原作者の監修のもとでテキストの推敲、リマスターを行っています。また第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 1 0100101……0100010……010010……01001001011……010010 「グワーッ!」  硬い! 彼は呻き声を上げ、現実世界への復帰がいきなりこのような苦痛から始まった事に憤慨せざるを得なかった。なんたるブッダの仕打

スキ
131

【ザ・ドランクン・アンド・ストレイド】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時の内容に加筆修正が為されたバージョンです。このエピソードは物理書籍化されていない第3部エピソードのひとつであり、スピンオフ系エピソード集「ネオサイタマ・アウトロウズ」の1エピソードに分類されます。第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。   1 ネオカブキチョの一角、粋な「雨まい」の漢字平仮名ネオン看板を掲げるバー、レイン・ジルバ、店構えは狭苦しく思えるが、地下に降りれば快適で、それ

スキ
265

【ニンジャズ・デン】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時のログに大幅な加筆修正をほどこしたものです。このエピソードは物理書籍未収録作品です。第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 【ニンジャズ・デン】  ガミオダ駅の駅前は、華やかなネオン輝くネオサイタマ中心部の装いとは大きく異なる。ロータリーを囲む飲食店群の明かりの奥に広がる闇はどんよりと底無しで、薄ら寒い。ピカピカ光る青い蛍光色「ぎょうざ」看板の店。そこに列を為す、汚れたブルゾンの人

スキ
111

【レッド・ハッグ・ザ・バッド・ラック】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版は上の物理書籍に収録されています。第2部のコミカライズが、現在チャンピオンRED誌上で行われています。 1 ネオカブキチョの一角、粋な「雨まい」の漢字平仮名ネオン看板を掲げるバー、レイン・ジルバ、店構えは狭苦しく思えるが、地下に降りれば快適で、それなりの広さがある。  サクソフォンに更にファズをかけ

スキ
116

【リターン・ザ・ギフト】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版が、上記リンクから購入できる第2部の物理書籍/電子書籍に収録されています。また、第2部は現在チャンピオンRED誌上でコミカライズが連載され、コミックスが刊行されています。 1「おや、おや、どこから入ったのだか」背後から近づく足音に男は反応した。男は当然、その声と足音の主を振り向きざまに殺すつもりであった

スキ
83

【クライ・ハヴォック・ベンド・ジ・エンド】

◇総合目次 ◇エピソード一覧 この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版が、上記リンクから購入できる第2部の物理書籍/電子書籍に収録されています。また、第2部のコミカライズがチャンピオンREDで行われています。 【クライ・ハヴォック・ベンド・ジ・エンド】 1 キョート城、謁見の間。  邪悪なる古代ニンジャヘレニズム様式のレリーフ彫刻と没薬の煙、奴隷ゲイシャが一心に爪弾く

スキ
89

モーゼズ=サンの創作スケッチ【オハカ・エピタフ:モノローグ】

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
177

【ザ・グロウ】#9

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
151

【ザ・グロウ】#8

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
85

【ストライダー:ジ・オリジン】

 ソガベの起床は午前4時30分。手探りでアラームを止め、ごろりと寝返りを打ちながらフートンから出て起き上がり、フスマに手を当てる。手探りでフスマの凹みを探り当て、引き開ける。ガラス窓越しに朝のアトモスフィアを感じ取り、伸びをする。ソガベの視界は何にも焦点を結ぶことができないが、光はわかる。重金属スモッグ越しの光であろうとも、太陽はありがたいものだ。  それからソガベはチャブに手をつき、ザブトンに腰を下ろし、オキアミ・バーのパックを取る。開封してボリボリと齧る。オキアミ・バー

スキ
181

【ザ・グロウ】#7

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
84

【ザ・グロウ】#6

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
97