見出し画像

ニンジャスレイヤーAOM本編:シーズン3目次

ニンジャスレイヤーはコトブキと共にシトカを離れ、カナダ国境をこえた。そこはタイクーンことアケチ・ニンジャが君臨する邪悪なるカラテの大地「ネザーキョウ」であった。


画像1

第1話「エンター・ザ・ランド・オブ・ニンジャ」

マスラダはサツガイを倒すために己の力を燃やし尽くし、ニンジャスレイヤーとしてのカラテを失っていた。メイプル採取民が暮らす小村で、彼を休ませようとするコトブキ。しかしそこにネザーキョウの残虐なニンジャが訪れる。



画像2

第2話「エッジ・オブ・ネザーキョウ」

ニンジャスレイヤーとコトブキはプリンスジョージの街に到着する。そこは現在、川を挟んでネザーキョウと現代文明が睨み合う前線都市と化していた。川を越えてネザーキョウを脱出しようとする少年、ザカリーは、ニンジャスレイヤーのカラテを目撃し、彼らに力を借りようとする。


画像3

第3話【デス・フロム・アバブ・UCA】

ネザーキョウのカイト部隊のニンジャ、憑依ニンジャのメタルファルコと、タイクーンにその力を認められたリアルニンジャのマイトイカラス。彼らの恐るべき作戦行動が始まろうとしていた。


画像5

第4話【ヨロシサン・エクスプレス】

バンクーバーを逃れ、大陸を横断するヨロシンカンセンに乗り込んだマスラダ達。そこにはヤモト・コキというニンジャが乗り合わせていた。


画像6

幕間【ビフォア・ジ・エンド・オブ・ザ・ライン】

第4話と第5話の間で、様々な視点が描かれる。


画像7

第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】

インターネット禁止のネザーキョウで、データストリームを絶やすまいと地下活動を続けるリコナー達。彼らの始祖「A-1:ファストストリーム」は強大なカラテビースト「ドリームキャッチャー」と共に隠れ谷で暮らす。ニンジャスレイヤー一行とWi-Fi狩りの騎士「テツバ・ドラグーン」の戦いが始まる。


画像8

第6話【エスケープ・フロム・ホンノウジ】

ネザーキョウ首都ホンノウジでネザー化現象のデータ収集を行っていたUCAの強行偵察部隊「ファイアストーム隊」。狂気の大地ネザーオヒガンでのカイデン儀式に恐れをなして逃げ出したカネト。彼らの脱出行の顛末とは。


画像9

第7話【ナラク・ウィズイン】

邪悪なるケイトー・ニンジャは、ハリマ離宮に突如出現したギンカク・オベリスクからナラクの力を搾取する事をジョウゴ親王に提案。かくして離宮にはゴマグラウンドが築かれ、恐るべき儀式が進行していた。ギンカクに接続してナラクを取り戻そうとするニンジャスレイヤーに、ジョウゴ親王、クセツ、さらには狂気の英雄ザンマ・ニンジャが立ちはだかる。


画像10

第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】

ネオサイタマを始めとする世界4都市に矢が落ち、ネザーの軍勢による蹂躙が始まった。神出鬼没のタイクーンの攻撃に晒され、文明社会はネザーキョウの前に為すすべなく崩れ去るばかりなのか。折しもピザタキを襲う奇怪な電子超常現象。それはタキを大いなるコトダマ空間の冒険へといざなうメッセージであった。やがて、ネザーキョウの軍備とインターネットの要である工業ナガシノを舞台に、様々な勢力のカラテが乱反射する。

画像11

第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス 前編】

画像12

第10話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:後編】

旅の終わり。


画像13

シーズン3:エピローグ


画像4

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
25
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

ニンジャスレイヤープラス
ニンジャスレイヤープラス
  • ¥490 / 月

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります!