ニンジャスレイヤープラス

固定された記事
PLUS総合目次(2021年9月8日最終更新)
+69

PLUS総合目次(2021年9月8日最終更新)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
322
【ギア・ウィッチクラフト】#3

【ギア・ウィッチクラフト】#3

◇総合目次  ◇全セクション版 ◇「磁気嵐の晴れた世界で」 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 2 ←  BRATATATATA! BRATATATATATA!「アイエエエエ!」「そっちだ!」「下がれ!」「グレネードだ!」「RPGだ!」「駄目だ、速い……アバーッ!?」「アバババーッ!」「助け……アバーッ!」BLAM! BLAM! BLAM!「やめ……やめてくれーッ!」「AAAAARGH……」「嫌アババババーッ!」ナムアミダブツ!  銃を撃ちながらカタナのトル

スキ
27
インタビュー・ウィズ・ニンジャPLUS版 ネヴァーダイズ発売記念特別編

インタビュー・ウィズ・ニンジャPLUS版 ネヴァーダイズ発売記念特別編

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
123
【バイオテック・イズ・チュパカブラ】

【バイオテック・イズ・チュパカブラ】

この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版は、上記リンクから購入できる物理書籍/電子書籍「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4」で読むことができます。 <<< 全話リストへ戻る  ニンジャスレイヤー第1部「ネオサイタマ炎上」より 【バイオテック・イズ・チュパカブラ】 1  中国地方の五割を覆う、広大なタマチャン・ジャングル。ここは重金属酸性雨耐性を獲得したバイオバン

スキ
84
【バトル・オブ・フォート・ダイナソー】 #2

【バトル・オブ・フォート・ダイナソー】 #2

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
150
【ギア・ウィッチクラフト】#2

【ギア・ウィッチクラフト】#2

◇総合目次  ◇全セクション版 ◇「磁気嵐の晴れた世界で」 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 1 ←  コルヴェットが慣れた手つきで火打石を打ち合わせると、すぐに火口(ほくち)は緑白色の火を灯した。鬱蒼としたこの森にあって、魔術仕込みの超自然の火は不気味だ。彼とフェイタルが座るこの樹洞も、見ようによっては魔女があけた大きな口じみている。「これで、ひとまずはよし」「ひとまず?」 「妖精の魔術よ」「ふうん。笑えるな」フェイタルは外の闇を見た。「レーザーサイトや

スキ
36
【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#3

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#3

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 2 ←  鬼瓦パンケーキからゆっくりと降下してきたニンジャは超然とオジギしてみせた。クロームの装甲装束で身を固め、壮麗なアトモスフィアを纏ったニンジャには、容易く崩せる隙はなかった。仰々しく、ニンジャの頭上に社章がホロ投影された。 「ヤナマンチ」  イグナイトは顔をしかめ、呟いた。  オーストラリア大陸はオムラ・エンパイアが一大勢力を築いているが、それを切り崩そうと複数の暗黒メガコーポが活動している。ヤナマンチ・インターナシ

スキ
121
このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

スキ
19
【ギア・ウィッチクラフト】#1

【ギア・ウィッチクラフト】#1

◇総合目次  ◇全セクション版 ◇「磁気嵐の晴れた世界で」 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8  この小屋は電子戦争以前からシュヴァルツヴァルト(黒い森)の中にひっそりと佇む。住人も管理者もないが、壁も屋根も無事である。時刻は既にウシミツ・アワー。闇の中、二人の顔をオレンジ色に照らし出すのは古式ゆかしいアナログ・ランプである。床に置かれたUNIXデッキのライトは仄暗い。  関節部にあてられた溶接機がパシパシと火花を放つ。サイバネ四肢のアクチュエータ調整、その仕

スキ
33
【ギア・ウィッチクラフト】全セクション版

【ギア・ウィッチクラフト】全セクション版

◇総合目次  ◇全セクション版 ◇「磁気嵐の晴れた世界で」 1  この小屋は電子戦争以前からシュヴァルツヴァルト(黒い森)の中にひっそりと佇む。住人も管理者もないが、壁も屋根も無事である。時刻は既にウシミツ・アワー。闇の中、二人の顔をオレンジ色に照らし出すのは古式ゆかしいアナログ・ランプである。床に置かれたUNIXデッキのライトは仄暗い。  関節部にあてられた溶接機がパシパシと火花を放つ。サイバネ四肢のアクチュエータ調整、その仕上げの作業を終えると、アキナは溶接眼鏡を外

スキ
57
【デッドムーン・オン・ザ・レッド・スカイ】

【デッドムーン・オン・ザ・レッド・スカイ】

この小説はTwitter連載時のログをそのままアーカイブしたものであり、誤字脱字などの修正は基本的に行っていません。このエピソードの加筆修正版は、上記リンクから購入できる物理書籍/電子書籍「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4」で読むことができます。 <<< 全話リストへ戻る  【デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイ】 1  ズッタンズタタン、ズッタンズタタン、ビュイーン、ビュビュイーン、ビュビュイーン、ビュビュイーン。薄暗いガレージ内に置かれた8基のスピーカーから

スキ
102